文字サイズ 中 大 特

新着情報

  • HOME »
  • 新着情報

⇒過去の新着情報一覧へ

NEW会津若松市ボランティア学園「初等課程」開講しました!(2018.5.17)

5月16日(水)、会津若松市ボランティア学園「初等課程」第1回を開催しました。

地域支援ネットワークボランティア小林欣一運営委員長、松江紘子副運営委員長を講師にお招きし、ボランティアを楽しむ~ボランティア活動の基礎知識を学ぶ~をテーマに、活動にはどんなものがあるのか、活動するにあたっての心得などについてのお話しをお聞きしました。

その後は、戸外に出て車イス操作を学び、段差やグレーチングでの押し方を体験しました。

ページの一番上に戻る

NEW「会津若松市ボランティア学園」開校しました!(2018.5.15)

5月12日(土)、会津若松市文化センターにて『2018年度会津若松市ボランティア学園』の入学式を行い、受講生113人がボランティアの一歩を踏み出しました。

入学式後には、室井照平会津若松市長より特別講話「市政探訪」を分かりやすくお話していただき、オリエンテーションの最後にはリラックス体操を行い受講生から笑顔がこぼれていました。

これから一年間ボランティアを楽しみましょう!

ページの一番上に戻る

NEW【老人福祉センター・希らら】”初”スマホ講座を開催しました。(2018.5.11)

5月10日(木)、老人福祉センター・希らら”初”のスマホ講座を開催し、今回は、日常スマホを使っている方が7名、スマホを持っていない方が8名の参加でした。

講師は、(株)エヌ・エス・シーの新入社員さん6名を含め、8名の若い先生方で大変明るく元気いっぱいの講座となり、参加者の皆さんも最後まで笑顔が絶えませんでした。

講座の内容は、iPhoneを使っての①文字入力、カメラ操作などの基本操作インターネット検索音声検索スマホでラジオを聴こうYouTubeでカラオケ練習など、操作するたびに「おー!」と歓声が上がっていました。

アンケートには、うれしいことに「また参加したい」との多数のご意見をいただきましたので、近いうちに第2弾を開催したいと思います。

社協ホームページやFacebook、希ららの近くにおいでの時は受付までお問い合わせください。お待ちしています。

ページの一番上に戻る

NEW今年もお届けしまぁ~す!ひまわり弁当!!(2018.5.11)

5月10日(木)、福祉ボランティアグループひまわりの会(会員24名)による、第1回目のお弁当提供サービスが行われました。

たけのこなど旬の野菜をふんだんに使い、栄養バランス、いろどりゆたかな心のこもったおいしいお弁当をお届けしました。

利用者の方からは、「いつもお弁当楽しみにしてるよ!」「味もいいし、いろんな野菜も入って見た目もきれいだし、手づくりのこいのぼりもかわいかった!」との声もいただきました。

ページの一番上に戻る

NEW第40回子どもまつり「疑似たいけんで豆リンピック」(2018.5.8)

5月3日(木)、第40回子どもまつりが開催され、あいにくの雨のため鶴ヶ城体育館での開催となりましたが、たくさんの子どもたちが来場してくれました。

本会では高齢者疑似体験の目的で「疑似たいけんで豆リンピック」を行いました。

腕に重りをつけて、箸で数種類の豆を皿から皿へ多く運ぶのを競うゲームです。

子どもたちや保護者からは「重い」、「思ったより大変」などの感想が聞かれ、高齢者の身体の動きを体験できたようです。

うまく運べず笑ったり、悔しがったりで、「良い経験になった」との感想が聞かれました。

ページの一番上に戻る

センダイガールズプロレスリング「会津若松大会」が開催されました。(2018.4.27)

4月24日(火)、会津若松市文化センターで「センダイガールズプロレスリング会津若松大会」が開催され、主催の株式会社ドリームステージ様より、市内の障がい者施設利用者など29名が招待されました。

全5試合が行われ会場は大いに盛り上がり、招待された皆さまからは「近くで見れて迫力があった。」など喜びの声が聞かれました。

ページの一番上に戻る

【河東デイサービスセンター】花見に出かけました!!(2018.4.27)

4月10日~19日まで県立博物館周辺と喜多方日中線廃線跡で利用者さんのお花見ツアーを行いました。

ぽかぽか陽気に誘われて桜は満開!!きれいな彩りにみなさんもご満悦でした。

ページの一番上に戻る

「福島民友愛の事業団助成事業」を実施します(2018.4.27)

公益財団法人福島民友愛の事業団は、地域福祉の充実と向上を図るため、障害児者の支援活動に対する助成を実施します。対象事業を募集しています。

心身障害児者や体の不自由な方々の支援に携わる施設や団体の事業・活動を対象とし、1団体30万円を限度に総額150万円以内で5件程度に助成します。

■応募方法事業団指定の申請用紙に必要事項を記入、関係書類を添えて

〒960-8648(住所不要)福島民友愛の事業団へ郵送

・募集要領はこちらをご覧ください。

・↓申請書のダウンロードはこちらからどうぞ

申請書・手書き用(PDF)

申請書(エクセル)

記入例(PDF)

■締め切り2018年9月21日(金)

■選考方法当事業団の審査委員で構成する審査会で選考・決定します

■発福島民友新聞紙上で発表します

■その他ご応募いただいた内容について、事業団より問い合わせさせていただく場合があります

☆お問い合わせ

公益財団法人福島民友愛の事業団事務局

TEL:024-523-1191(代)

メールアドレスjigyodan@minyu.jp

ページの一番上に戻る

ふれあいひろばで10円の小旅行に行ってきました(2018.4.27)

一人暮らし高齢者「ふれあいひろば」で10円の小旅行に行ってきました。

24日は、幸楽苑で10時~11時先着100名様限定の「極上中華そば」がなんと10円!!みんなで15分程並び、「うまいなぁ」と言いながら、おいしくいただきました。幸楽苑さま、また、こんな企画があったらいいなぁと思います。ごちそうさまでした。

その後、磐梯町おおるり公園のしだれ桜、西連地区のすいせん、れんぎょうを見て喜多方方面に行きました。喜多方といえば、10円まんじゅうをおみやげに買い、ピーナッツソフトクリームを食べ、野菜・夕食などの買い物をして楽しいひとときを過ごしました。

ページの一番上に戻る

ボランティア学園「あいづっこぜみな~る」始まりました!!(2018.4.24)

桜の花吹雪の中、4月21日(土)会津若松市ボランティア学園「あいづっこぜみな~る」第1回を開催しました。

会津藩校日新館館長の宗像精先生を講師にお招きし、会津の歴史や「あいづっこ宣言」についてのお話しを聞き、認知症カフェで参加者の方たちと一緒にランチをしたり、ちょっぴり緊張しながら配膳のお手伝いを行いました。

次回は5月19日(土)に実施します♪

ページの一番上に戻る

公益財団法人福島県総合社会福祉基金平成30年度貸付・助成募集のご案内(2018.4.24)

締切:平成30年6月11日(月)必着

公益財団法人福島県総合社会福祉基金より、平成30年度貸付および助成のご案内がありましたのでお知らせいたします。

内容については下記の福島県ホームページをご覧ください。

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21025a/shakaifukushikikin.html(外部リンク)

☆お問い合わせ先

【公益財団法人福島県総合社会福祉基金】

〒960-8670福島市杉妻町2-16(福島県社会福祉課内)

TEL:024-521-7322FAX:024-521-7917

ページの一番上に戻る

大同生命厚生事業団「ボランティア活動助成」のご案内(2018.4.17)

締切:平成30年5月25日(金)当日消印有効

公益財団法人大同生命厚生事業団より、「ボランティア活動助成」公募の案内がありましたので、お知らせいたします。

内容については、下記の大同生命厚生事業団ホームページをご覧ください。

http://www.daido-life-welfare.or.jp/(外部リンク)

☆お問い合わせ先

【公益財団法人大同生命厚生事業団事務局】

〒550-0002大阪市西区江戸堀1丁目2番1号

TEL:06-6447-7101FAX:06-6447-7102

ページの一番上に戻る

【希らら】クラブ会員募集!!(2018.4.10)

こんにちは!老人福祉センター・希ららです。

希ららでは、各クラブ活動の会員を募集しています。

市内在住で60歳以上の方々が対象で、毎日元気ハツラツと活動中!

さあ、貴方も貴女も、一緒に楽しみませんか?

「運動は苦手だな…」「手先が器用じゃないけど…」なんて不安は吹き飛ばし、まずお問い合わせください。お待ちしています!

◎クラブ紹介◎

レク・ダンス、細字・実用書、ヨガ、卓球、太極拳、創作舞踊、パソコン、絵手紙、日舞、折り紙

☆お問い合わせ

会津若松市城東町14-52(文化センター2階)

会津若松市老人福祉センター・希ららTEL:0242-26-6666

ページの一番上に戻る

【希らら】50歳からはじめるスマホ・タブレット講座(2018.4.10)

今回初めて、50歳からはじめるスマホ・タブレット講座を開催します。

スマホ・タブレットにさわってみたい方、聞きたいことがあるけど聞けずにいる方の為の初心者向けの講座ですのでお気軽にご参加ください。

また、通常老人福祉センター・希ららは会津若松市内にの60歳以上の方の施設ですが、今回は50歳以上の市内・市外の方も対象(応募多数の場合は優先順位あり)となります。

※会津若松市内に居住する60歳以上で初めて老人福祉センター・希ららを利用される方は、登録(無料)が必要になりますので身分を証明できるもの(運転免許証・保険証等)をお持ちください。

※年齢、居住地域によって料金の違いがありますのでチラシをご覧ください。

チラシは右の画像をクリックしてご覧ください。⇒⇒⇒

☆お問い合わせ

会津若松市城東町14-52(文化センター2階)

会津若松市老人福祉センター・希ららTEL:0242-26-6666

ページの一番上に戻る

みずほ教育福祉財団による助成事業のご案内(2018.3.8)

下記のとおり、みずほ教育福祉財団による助成事業の募集がありました。

対象となる活動・団体・応募期間及び応募方法については財団ホームページをご覧ください。

○助成事業及び募集期間

①第35回「老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業」(平成30年5月25日(金)まで)

②第16回「配食用小型電気自動車寄贈事業」(平成30年6月8日(金)まで)

⇒みずほ教育福祉財団

http://www.mizuho-ewf.or.jp/(外部リンク)

☆お問い合わせ先

【みずほ教育福祉財団福祉事業部】

TEL:03-3596-4532FAX:03-3596-3574

E-mail:FJP36105@nifty.com

ページの一番上に戻る

会津若松市ボランティア学園の園章が決定しました!(2018.2.28)

平成30年5月に開校する会津若松市ボランティア学園をイメージでき、ボランティアに親しみと誇りを持っていただける園章(ロゴマーク)を募集したところ、全国各地より74名の方々から158点の応募をいただきました。

平成30年2月23日、選考委員会による審査の結果、山形市の松岡英男さんの作品が優秀賞に選ばれました。

作品は、会津若松市の「A」とボランティア学園の「V」をモチーフにして組み合わせて、会津若松市民の心意気を親しみやすく謳いあげています。

地域づくりは「人づくり」、人を慈しむ心を市民の顔にイメージして、ボランティア活動をする市民の誇りと使命感、喜びと自信と生きがいをいっぱいに表しています。

園章の選考結果

優秀賞 松岡英男さん 山形県山形市
特別賞 菅野さん 山形県東村山郡山辺町
ユニーク賞 斉藤恵子さん 会津若松市
荻野紗希さん 大阪府岸和田市
平山陽一さん 鹿児島県鹿児島市
菊地恵子さん 北海道積丹郡積丹町
新明美枝さん 喜多方市

ページの一番上に戻る

【湊しらとり保育園】平成30年度新入園児を募集します!(2017.11.15)

※湊町に在住、または勤務されている方のお子様が対象となります。

湊しらとり保育園では平成30年度の園児募集をしております。

ご希望の方は保育園に申請書を用意しておりますので、お気軽にご来園ください。

チラシは右の画像をクリックしてご覧ください。⇒⇒⇒

湊しらとり保育園のページはこちらからご覧ください。

☆お問い合わせ

湊しらとり保育園TEL:0242-93-2010

ページの一番上に戻る

カムカムボランティア交流会『クローバー』誕生!!(2017.11.15)

11月8日(水)、カムカムボランティア交流会が行われ今回は14名のボランティアさんが参加されました。

今回の交流会で、交流会の名前が『クローバー』に決定しました!!

次回は12月13日(水)、1月は10日(水)、いずれも10時~交流館「パオパオ」にて開催されます。

皆様お気軽にご参加ください☆

ページの一番上に戻る

ボランティア学園来年5月開園!学園生募集しています(2017.11.2)

【2018.03.02追記】

初等課程、地域ボランティアリーダー養成学科、傾聴ボランティアぜみな~るにつきましては、定員になりましたので、申込みを締め切りました。他の講座は若干定員に余裕がありますので引き続き募集しております。

【2018.01.19追記】

ボランティア学園のページを作成しました。

ボランティア学園は、人を慈しむ、リスペクト(尊重)する心を育むとともに、ボランティア活動への関心と実践に向けた環境づくりを目的に開園します。

また、本学園では、「ボランティアがボランティアを育てる。学園から広がるボランティアの輪」を園是に、学びだけでなく、世代を超えた交流や仲間づくりの「場」の提供、実際の活動へつないでいくしかけなど、工夫を凝らした学園運営を図ります。

皆さんのご入園をお待ちしております。

パンフレットは右の画像をクリックしてご覧ください。⇒⇒⇒

入園・受講申込書(FAX)はこちら

入園・受講申込書(ハガキ)はこちら

■受付期限平成30年3月1日(木)まで必着。郵送の場合は、当日消印有効です。

☆「入園案内」請求・お問い合わせ

会津若松市社会福祉協議会ボランティアセンター

〒965-0873会津若松市追手町5-32

TEL:0242-28-4030

E-mail:aizu@awshakyo.or.jp

ページの一番上に戻る

組織機構の改編を行いました(2017.10.2)

社会福祉協議会では、更なる地域福祉事業の推進のため、10月1日より組織機構の一部改編を行いましたのでお知らせいたします。

主な変更点は、以下のとおりです。

①従前の地域福祉課について、地域支援、生活支援、ボランティアを担当する「地域福祉課」、子育て支援を担当する「こども支援課」、介護予防事業を含めた高齢者支援を担当する「いきいき健康課」の3課に整理しました。

②市町村合併後10年以上が経過し、地区意識や事業内容に一定の調整が図られてきていることとから、事務事業の集約化を図るため、北会津・河東の両支所を廃止(一部事業は継続)しました。

③介護保険事業(訪問介護・通所介護・居宅介護支援・グループホーム)を中心とした部門の一元管理を行うため、「在宅サービス推進室」を新設しました。

新組織図はこちらからご覧ください。

ページの一番上に戻る

【北会津保健センター】のぼり旗立てました!(2017.7.12)

会津若松市保健センター「ふれあいの湯」では、少しでも皆様に「ふれあいの湯」を知っていただきご利用していただけるように「のぼり旗10本」を設置しました。

「ふれあいの湯」は、北会津中学校交差点から見て北側の田んぼの中にある茶色の建物です。

行楽帰りで汗をかいてサッパリしたい時など低料金でご利用いただける施設ですので、のぼり旗を目印においでください。お待ちしています。

ページの一番上に戻る

「ふくしま農福連携推進事業」のご案内(2017.6.9)

福島県授産事業振興会では、福島県より事業委託を受け、農業の多様な担い手の確保や障がい者の新たな就労の場の創出につながるよう、福祉事業所の農業参入の支援や農業者による障がい者雇用の促進など農福連携に取り組んでいます。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆お問い合わせ先

【福島県授産事業振興会】

TEL:024-563-1228/024-563-1229  FAX:024-563-1234

URL:http://f-jusan.jp(外部リンク)

ページの一番上に戻る

「カムカムボランティアポイント」事業が本格スタートします。(2017.3.22)

平成29年4月1日から「カムカムボランティアポイント」事業が本格スタートします。

障がい者支援、また障がい当事者の社会参加としてのボランティア活動に対してポイントが付与され、貯めたポイントに応じて景品と交換することが出来ます。皆さん、ふるってご参加ください!

詳しくはこちらをご覧ください。

ページの一番上に戻る

フェイスブック始めました!(2016.9.30)

本日9月30日(金)より、本会のFacebookページがスタートしました!

公式ホームページと連携を図りながら、今まで以上に皆様にとって有益な情報提供をしていきたいと考えています。よろしくお願いします!

本会のFacebookサイトへ⇒

スマホ版のFacebookサイトへ⇒

ページの一番上に戻る

子ども食堂 ボランティア募集(2016.8.26)

特定非営利活動法人寺子屋方丈舎では、食育の困難な子どもさんへの居場所をつくるため、子ども食堂を平成28年8月より現在の1ヵ所から更に2ヶ所増やし実施しています。

本会では子ども食堂で活動していただけるボランティアの確保に協力しています。こどもたちの成長の場に一緒に立ち会ってみませんか?

詳しくはこちらをご覧ください。

☆問い合わせ先

特定非営利活動法人 寺子屋方丈舎(担当:佐藤)

TEL 0242-85-6795

FAX 0242-85-6863

ページの一番上に戻る

認知症コミュニティオレンジカフェ「こころの輪」オープン!(2016.7.28)

市内で2ヵ所目となる認知症カフェオレンジカフェ「こころの輪」が北会津町の会津西病院内にオープン。「こころの輪」では、カフェでお茶を飲みながらゆっくりと自由に過ごしたり、会津西病院の介護、医療、福祉等の専門職が関わり、認知症をテーマとした交流や相談を行います。

認知症の心配がある人もない人も気軽にお立ち寄りください。

詳しくはこちらからご覧ください。

ページの一番上に戻る

地域福祉活動計画を策定しました(2016.7.11)

誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくりの実現に向けて、地域福祉活動計画を策定しました。

詳しくは、地域福祉活動計画

ページの一番上に戻る

社協会員加入にご協力をお願いします。(2016.7.8)

社協会員加入については、例年11月にご協力をお願いして参りましたが、今年度より7月から取り組みを始めることといたしました。

皆様からの会費が、社協事業の貴重な財源として大きな役割を果たします。住民参加による地域福祉推進のため、更なるご理解とご協力をお願いいたします。

会費の内訳及び使途については、こちらをご覧ください。

ページの一番上に戻る

出前福祉体験教室を開催中(2015.12.4)

本会では、小中学校からの依頼を受けて、随時「福祉体験教室」を行っています。

関係機関のご協力のもと、福祉の心を育むために、学校の授業の一環(コラボ)として実施。

高齢者や障がいを持った方々との交流・体験を通して、学ぶことはたくさんあります。

興味のある学校は、お気軽に本会までお問い合わせください。

※今まで行った市内小中学校の様子をご紹介します!

(協力:福島県聴覚障害者協会様、会津若松市ボランティア連絡協議会様)

「ふくし」ってなんだろう?
みんなで考えました

障がい者についてのお話を聞きました

手話で自己紹介の仕方を習いました

手話は目と目を合わせて・・・
大切なことです

点字で自分の名まえを打ってみました

点字「なかなかむずかしい」

アイマスクと白杖体験
まっくらでこわかったね

高齢者擬似体験
高齢者の気持ちになって・・・

車いすの人の気持ちになって・・・
やさしく押しています

車いすみんなで協力して段差を歩いています

小学生からお礼のお手紙を頂きました。

ページの一番上に戻る

生活困窮者のための労働・生活保護相談窓口(2015.11.4)

○おひとりで悩みを抱えていませんか?

解雇や賃金未払いなどの労働問題、生活保護の問題に弁護士が無料で相談に応じます。

予約制の面談相談となります。お電話でご予約ください。その後、最寄りの担当弁護士からご連絡し、ご都合のよい日時に担当弁護士の事務所でご相談となります。なお、相談は初回無料ですが、法テラスが実施する無料法律相談を利用することがありますので、予めご了承ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆予約・お問い合わせ

福島県弁護士会

TEL:024-534-2334

(平日の午前10時~午後4時までにお電話ください。)

ページの一番上に戻る

福島県弁護士会、高齢者・障がい者、無料法律相談(2015.11.4)

◎法律相談を希望され、高齢・障がいなどのために相談場所に赴くことが困難な方々の権利擁護のため、福島県弁護士会では「高齢者・障がい者無料法律電話相談」を行っております。ぜひ、ご利用ください。

○電話でお申し込み・電話でのご相談

①受付窓口に電話で申し込み(月~金9:00~16:30)

②担当弁護士からの折り返し電話で電話相談

TEL:024-533-5048

○相談料金:無料

(同一内容のご相談は1回限り30分程度・同じ方によるご相談は年度内3回まで)

○福祉関係機関等からの高齢者・要支援者の権利保護のため、相談ご依頼があった場合、弁護士を推薦します。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆お問い合わせ

福島県弁護士会高齢者・障がい者権利擁護支援センター

TEL:024-534-2334

FAX:024-536-7613

ページの一番上に戻る

PAGETOP
Copyright © 会津若松市社会福祉協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.