文字サイズ 中 大 特

【若松本所】過去の新着情報

若松本所河東支所北会津支所

希ららたんぽぽ園湊しらとり保育園

湊こどもクラブふれあい・いきいきサロンボランティアセンター

小法師サロン過去の助成金一覧

復興公営住宅・年貢町団地の皆さまからの、ひまわりのプレゼント♪(2017.8.8)

6月に復興公営住宅・年貢町団地の住民の方からたくさんのひまわりの苗をいただきました。

障がい者施設などに植えさせていただき、みんなで楽しんでいます(^^)

復興公営住宅のひまわりもキレイに咲いていました♪ありがとうございました。

ページの一番上に戻る

第1回介護予防体操サポーター養成講座を開催しました。(2017.7.4)

6月29日(木)、老人福祉センター希ららにて、本会登録サロン会を対象に第1回介護予防体操サポーター養成講座を開催しました。

前半は「介護予防、認知症についての理解」、後半は「転倒予防や、健康・予防体操の実技」を行いました。

気軽に短時間でできる体操として、手足の体操、歌に合わせた運動、また、新聞紙を利用した運動など様々な運動を行い、受講者からは「気軽に楽しめ、組み合わせによってサロン会で活用できそう。」など感想を頂きました。

※同講座を8月、10月にも開催予定です。

ページの一番上に戻る

第39回こどもまつり「擬似たいけんで豆リンピック」(2017.5.11)

5月3日(水)、第39回こどもまつりが開催されました。

本会では高齢者の身体の動きを感じてもらうため、腕に重りをつけて箸を使い、数種類の豆を皿から皿へ運ぶゲーム「擬似たいけんで豆リンピック」を行いました。

子どもたちは「重い」「思ったより大変」等、うまく運べず笑ったり悔しがったりで、保護者の方からも良い経験になったとの感想をいただきました。

ページの一番上に戻る

緩和サービス資格研修者募集(2017.4.13)

緩和サービス資格研修(5月実施分)は、応募を締め切らせていただきました。次回は9月の予定です。

平成29年度4月から会津若松市で総合支援事業が始まりました。

高齢者の皆様の介護予防と日常生活の自立を支援し、要支援、要介護の予防を目的とし、住み慣れた地域で安心して住み続けられることを目指した事業です。

それに伴い「緩和サービス」のみ行える資格者養成研修を行います。

詳細はこちらからご覧ください。

ページの一番上に戻る

緩和サービス資格取得研修会修了証書授与式を行いました。(2017.3.30)

3月30日(木)、第一回 緩和サービス資格取得研修会修了証書授与式を行いました。

福祉サービス事業課課長より「今後の活躍を期待します」との話を頂きました。

ページの一番上に戻る

「超花火プロレス」あいづ社会福祉チャリティー大会!!(2016.12.2)

12月1日(木)、あいづ鶴ヶ城体育館で「超花火プロレス」あいづ社会福祉チャリティー大会が開催されました。

主催の浜大商事様より、市内の障がい者施設利用者及び介助者50名が招待され、全6試合で会場は盛り上がりました。

試合後は大仁田厚選手達が、子供や障がい者との握手をしてふれあい賑わっていました。

ページの一番上に戻る

サロンで元気に介護予防体操!!(2016.11.29)

11月25日(金)、神指分館で、市の介護予防体操のモデル及び本会登録サロンでもある、神指地区「はつらつクラブ」のメンバー12名が参加し、ふれあいいきいきサロン「介護予防体操」が行われました。

足に重りを取り付けての介護予防体操は、リハビリ職員の指導により週1回行われており、年をとっても無理なく筋力をつけることにより、立ち上がりや転倒防止に効果があります。

本会でも介護予防体操の普及に向けて、今後も情報を発信してまいります。

※サロンについてのお問合せは、本会までご連絡ください。

ページの一番上に戻る

第8回ホームヘルパー研修会「聴覚障害者との接し方」を行いました。(2016.11.17)

11月17日(木)、第8回ホームヘルパー研修会を開催しました。

日頃のサービス技術向上を目的とし、今回は「聴覚障害者との接し方」をテーマに、障がい者の明日を考える会の
馬場まり子様、熊田洋子様を講師に招いて手話の実践を学びました。

ページの一番上に戻る

Facebook活用研修会を行いました。(2016.10.27)

10月26日(水)、福島県社会福祉協議会の斉藤知道主任主査を講師にお招きして、職員向けのFacebook活用研修会を行いました。

SNSの基礎知識から実際の投稿まで、幅広く教えていただき大変勉強になりました。

地域の皆さんに、より有用でタイムリーな情報を、災害時には迅速かつ正確な情報提供ができるよう努めていきたいと思っております。

今後もホームページ、Facebook併せてご活用ください。

本会のFacebookサイトへ⇒

ページの一番上に戻る

大田原市川西地区社協との交流会が開催されました。(2016.10.5)

10月4日(火)、東公民館で、東山・人と地域をつなぐ会と、大田原市川西地区社会福祉協議会との交流会が開催されました。

地域コミュニティの組織化推進交流の目的で、川西地区民生委員、社協職員24名とつなぐ会14名が、地域での見守りや民生委員の役割などお互いの活動について交流しました。

参加者は親睦を深めながら安全安心な地域づくりを誓いました。

ページの一番上に戻る

赤い羽根共同募金の街頭募金を行いました。(2016.10.4)

10月1日(土)、ヨークベニマル門田店・花春店・西若松店の店頭にて、赤い羽根共同募金の街頭募金を行いました。ご協力に感謝します。

本年度も「じぶんの町をよくするしくみ。」をスローガンに、10月1日から12月31日まで全国一斉に共同募金運動が展開されております。

皆さまの温かいご支援とご協力を、引き続きよろしくお願いします。

共同募金について、詳しくはこちらをご覧ください。

ページの一番上に戻る

「見て・触れて裏磐梯大好き感謝祭」に参加しました(2016.10.3)

9月28日(水)、裏磐梯エコガイド主催による「見て・触れて裏磐梯大好き感謝祭」が開催され、会津若松市内の障がい者、ボランティア、福祉関係者、約40名の皆さんが参加。

当日はあいにくの小雨ながら、エコガイドさんによる案内でレンゲ沼周辺の草木や花の名前を教えていただいたり、触れたりしながら、初秋の裏磐梯を満喫しました。

ページの一番上に戻る

NEW城北地区区長研修会で地域福祉活動計画の説明をしました(2016.9.21)

9月20日(火)、城北地区区長研修会が「市地域福祉計画・地域福祉活動計画」をテーマに開催されました。

本会では、地域の方々の集まりや研修会の際に、地域福祉や活動計画の推進、社協活動について説明と話し合いにお伺いしますので、お気軽にお問い合わせください。

ページの一番上に戻る

一箕地区ふれあい昼食会が開催されました。(2016.9.12)

9月11日(日)、一箕公民館で「第29回一箕地区ふれあい昼食会」が開催され、ひとり暮らし高齢者65名の方が参加されました。

カラオケ、民謡民舞、フラダンス、また当会実習生らによる「よさこい」など、盛りだくさんのメニューで、高齢者の皆さんも終始笑顔(^ ^)。和やかな雰囲気の交流会でした。

 

ページの一番上に戻る

祝100歳!!(2016.8.5)

訪問介護事業を利用されている市内在住の森川芳子様が、8月2日、めでたく100歳のお誕生日を迎えられました。

娘さんの支えもあり元気にご自宅で過ごされています。

ページの一番上に戻る

アロマテラピー講習会を行いました(2016.6.27)

6月24日(金)、老人福祉センター・希らら講義室で、介護予防教室の一環として、「あさいマッサージ教育研究所」浅井隆彦氏を講師にお招きし、「介護アロマテラピー講習会」が行われました。アロマの爽やかな香りの中、前半は講義、後半はアロママッサージの体験メニューで行われ、参加者からは「アロマの効果がわかった」、「アロママッサージが気持ちよかった」などの声が聞かれ好評に終了しました。

ページの一番上に戻る

ご寄附を頂きました(2016.6.22)

6月20日(月)、ライオンズクラブ国際協会332-D地区第四リジョン第一ゾーン、現・ゾーンチェアパーソン菅家作二様と、元・ゾーンチェアパーソン斎藤斗志郎様から、年間のチャリティー活動で集めた浄財の一部を社会福祉事業推進のためとして、ご寄附がありました。

ありがとうございました。

ページの一番上に戻る

熊本地震義援金のご報告(2016.6.16)

市民の皆様からお預かりしました、熊本地震の義援金の総額が、507,748円(6月9日現在)となりました。

このご厚意は全額、熊本県共同募金会並びに大分県共同募金会へお送りしています。

皆さまの温かいお気持ちに感謝申し上げますとともに、引き続き、義援金の受付をしておりますので、重ねてご協力をお願い申し上げます。

被災された皆様のご健康と、一日も早い、復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

会津若松市立第二中学校の生徒の皆さんからの義援金

ページの一番上に戻る

南阿蘇村社会福祉協議会様よりお礼状が届きました(2016.6.16)

役職員有志の募金を、本市にゆかりのある南阿蘇村社会福祉協議会ボランティアセンターへ、寄附させていただきました。

被災者の方々への支援などお忙しい中、お礼状を頂きましたことご報告します。

一日も早い、復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

ページの一番上に戻る

ジャパンゴルフツアー選手会より福祉車両が寄贈されました(2016.6.9)

6月8日(水)、ジャパンゴルフツアー選手会(宮里優作会長)から、東日本大震災復興支援の一環として、福祉車両(スズキアルト)が寄贈されました。

これから高齢者世帯の生活支援に役立てて行きたいと思います。

選手会の皆様、ありがとうございます!!

ページの一番上に戻る

祝100歳!!(2016.6.9)

わが訪問介護事業所利用者の河東にお住まいの井上ヨウ子さんが、6月9日にめでたく100歳(百寿)のお誕生日を迎えられ、花束とバースデーカードを贈りました。

息子さんの支えもあり、ご自宅で元気に過ごされています。

ページの一番上に戻る

理事会・評議員会を開催しました。(2016.6.3)

5月30日(月)、理事会・評議員会を開催し、平成27年度の社協活動及び決算報告などの案件が承認されました。

会議では役員から、地域福祉活動推進に係る積極的な意見が出されました。

終了後は、本会役員を長年務められ、この度退任される、羽染副会長、山野評議員へ、感謝状の贈呈を行いました。

ページの一番上に戻る

認知症カフェひだまり1周年!!(2016.4.26)

4月21日(木)、河東園芸ふれあいセンターで「認知症カフェひだまり1周年」の式典が行われました。

スライドにて「ひだまりの1年間」を振り返り、皆和やかな雰囲気の中、会食、歓談を楽しまれました。

ページの一番上に戻る

東カフェが開催されました(2015.12.04)

11月25日(水)、東公民館で「東カフェ」が行われました。

この「東カフェ」は、東公民館が事務局となり、東山・人と地域をつなぐ会、地域の方々により月2回、第2、第4水曜日に開催されているカフェです。

この日は、季節の歌を歌うことから始まり、津軽三味線の演奏、三味線の演奏に合わせて歌を歌ったり体操したり。最初は、歌うことを遠慮していた方々も、最後には全員で大合唱となるくらい大盛況のうちに終了となりました。

社会福祉協議会は、地域事業に参加してまいりますので、皆様の情報をお待ちしています。

写真については、転載を禁止します。

ページの一番上に戻る

「福島ファイヤーボンズ」バスケットボール試合無料招待(2015.11.30)

プロバスケットボールチーム「福島ファイヤーボンズ」のホームゲームが11月28日(土)、29日(日)の両日、あいづ総合体育館で開催されました。

この試合へ、福島ファイヤーボンズ様及びスポンサー企業のニラク様より、本会を通し40名の障がいをお持ちの方をご招待いただき、生の試合を観戦しました。(両日とも福島ファイヤーボンズが埼玉ブロンコスに勝利!)

市内の障がい者支援施設利用者の皆さんがコートサイド席で迫力ある試合を熱く応援していました。

ページの一番上に戻る

フードバンク事業の基本協定を結びました(2015.10.23)

10月23日(金)、本会事務所において、コープフードバンク事業基本協定締結式が行われました。

締結式に先立ち、コープ東北サンネット事業連合の中村礼子コープフードバンク事務局長から基本協定の概要説明があり、荒井信夫生活協同組合コープあいづ理事長、武藤顯夫喜多方市社会福祉協議会長、武藤淳一会津若松市社会福祉協議会長が協定書に調印しました。また、関靖男福島県社会福祉協議会地域福祉課長が同席しました。

同事業は、品質には問題がないものの様々な理由で処分されてしまう食品などを企業や団体から無償で提供してもらい、生活にお困りの方や被災をされた方など必要とする方々に提供する事業です。

本会では、生活再建の一助になるようその仕組みづくりに早急に取り組み、誰もが安心して暮らせる町づくりに努めてまいります。

ページの一番上に戻る

米沢市社会福祉協議会東部支部の皆さんと交流等研修会を開催しました(2015.10.22)

10月21日(水)、米沢市社会福祉協議会東部支部の皆さん25名が当市にお越しになり、交流等研修会を開催しました。本会事業について説明の後、米沢市社協東部支部長大瀧様より、支部社協が行っている事業を教えていただきました。

ページの一番上に戻る

第31回会津若松市社会福祉大会及び第69回福島県社会福祉大会が開催されました(2015.10.15)

第31回会津若松市社会福祉大会が10月15日(木)、會津風雅堂で開催され、社会福祉関係者約1700名が一堂に会しました。

今回の大会は、第69回福島県社会福祉大会と併催で行われ、式典に先立ち、詩人・作家の廣木明美氏に『炎は消えず 瓜生岩子ものがたり』と題して、講演していただきました。

受賞者一覧

ページの一番上に戻る

『子ども食堂』の学習支援スタッフ募集(2015.10.14)

『子ども食堂』は経済的な困難を抱える子どもたちのために、食事と学びの提供で、居場所づくりを目的に瑞祥館(相生町会州一蔵跡)で活動しています。

毎週水曜日16時~20時に、食事づくりや勉強のお手伝いをしていただけるスタッフを募集しています。

自分自身を成長させたいと思う方、子どもたちの成長の場に一緒に立ち会ってみませんか?

☆お問い合わせ

寺子屋方丈舎担当:岡

TEL:0242-85-6795

ページの一番上に戻る

「見て・触れて 裏磐梯大好き感謝祭」(2015.10.01)

9月25日(金)、会津若松市内の高齢者や障がい者家族、福祉関係者、約30名が裏磐梯エコガイドの会の案内で初秋の裏磐梯・レンゲ沼散策を楽しみました。

一行は朝8時に市内を出発。時折り小雨交じりのあいにくの天候でしたが、現地では経験豊富なガイド会員の案内でレンゲ沼探勝路を巡り、磐梯山の紅葉や湖沼周辺の花や野鳥など、一足早い裏磐梯の秋の風情を満喫しました。

また昼食後は、地元の草木を使って笛や編み込みの小物入れ作りをしました。「感謝祭」は障がい者家族や福祉活動に携わる方々が素晴しい環境の中で日頃の疲れやストレスを発散するとともに、次の活力回復と裏磐梯の魅力を体験してもらおうと裏磐梯エコガイドの会が地域貢献事業として初めて実施。日頃はガイドとして活躍する約10名の会員が参加しました。

ページの一番上に戻る

PAGETOP
Copyright © 会津若松市社会福祉協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.