文字サイズ 中 大 特

【ボランティアセンター】過去の新着情報

  • HOME »
  • »
  • 【ボランティアセンター】過去の新着情報

若松本所河東支所北会津支所

希ららたんぽぽ園湊しらとり保育園

湊こどもクラブふれあい・いきいきサロンボランティアセンター

小法師サロン過去の助成金一覧

傾聴ボランティアぜみな~る開講!(2017.4.18)

4月16日(日)、会津稽古堂で傾聴ボランティアぜみな~る講座の開講式が行われました。

第1回目の講座は、傾聴ボランティアトレーナー・岡安詔子先生を講師に迎え、36名の受講生が傾聴の基本を学び、ボランティア活動を始めようとする方の第一歩がスタートしました!

ページの一番上に戻る

平成28年度 会津若松市ボランティア連絡協議会研修会が行われました。(2017.3.29)

3月25日(土)、会津稽古堂で、会津若松市ボランティア連絡協議会主催の研修会が開催されました。

会津大学短期大学部幼児教育学科の木村淳也先生をお招きし、「援助のためのコミュニケーション」をテーマに講義をしていただき、10~70代の42名の方々が参加しました。

木村先生のお話しがとても分かりやすく、「1回で終わらず、またやってほしい」との声も聞かれました。

ページの一番上に戻る

平成29年度傾聴ボランティアぜみな~るを開講します!(2017.3.1)

好評につき定員に達しましたので、応募を締め切らせていただきました。

平成29年度傾聴ボランティアぜみな~る受講生募集します。

「傾聴」という言葉を耳にしたことはありますか?人の思いや心の声を聴き、寄り添い共感することの大切さを皆で考えます。

「傾聴」について学んでみませんか?

詳細はこちらからご覧ください。

☆お問い合わせ

会津若松市社会福祉協議会ボランティアセンター

電話:27-7715または28-4030FAX:28-4039

ページの一番上に戻る

謹教小学校で「点字福祉体験教室」を行いました(2017.3.6)

2月24日(金)、謹教小学校4年生の「点字福祉体験教室」が行われました。

点字サークルひよこ会員の方から点字の使い方や読み方を学び、自分で打ったり絵本を見たりしました。

ページの一番上に戻る

一緒に歌いましょう!!を開催しました(2017.3.9)

3月4日(土)、障がい児・者との交流事業「一緒に歌いましょう」をキャトルディッシュで行いました。

41名の参加者の方たちは、ピアノの生伴奏とともに、ポップス、演歌、昭和歌謡、童謡などの歌を声高らかに歌い踊り、楽しいひと時を過ごしました。

ページの一番上に戻る

NEW平成28年度 地域サポーター養成講座を開催しました!(2017.2.24)

2月21日(火)、勤労青少年ホームにおいて「平成28年度地域サポーター養成講座」を開催しました。

43名が参加され、会津若松消防署による普通救命講習、本会職員による「からだを動かしてのばせ健康寿命」をテーマとした健康体操講習を行いました。

吹雪混じりの一日でしたが、雪をも溶かす熱い思いで受講されていました。

今後の活動に生かしていきたいと思います。

ページの一番上に戻る

社員セミナーで高齢者擬似体験を行いました(2016.12.27)

12月16日(金)、日本テキサス・インスツルメンツ・セミコンダクター株式会社 会津工場において「社員セミナー介護の勉強会」を行いました。

県社会福祉協議会職員の佐藤正紀さんを講師に、「高齢者について」の講話や「高齢者疑似体験」を通して、高齢者への接し方を学んでいただきました。

社協では企業の社会貢献活動の一助として、このような職員派遣を行っていますので是非お問い合わせください。

ページの一番上に戻る

ひとり暮らし高齢者を対象とした電気点検ボランティアが実施されました(2016.12.2)

11月30日(水)、ひとり暮らし高齢者を対象とした「電気点検ボランティア活動」の出発式が行われました。

東北電力㈱会津若松支社様、東北電力企業グループ様、全会津電気工事協同組合若松支部様のご協力により、今年は城北地区で80才以上のひとり暮らしのお宅49軒を訪問し、電気点検作業をしていただきました。

ページの一番上に戻る

行仁小学校で福祉体験教室を行いました(2016.11.24)

11月15日・22日の両日、行仁小学校において「高齢者疑似体験」と「点字・手話」の福祉体験教室を行いました。

点字サークルひよこの方たちから点字の打ち方、県聴覚者協会の方より手話を教えてもらい、「年をとるって大変なんだな」、「困っている人を見かけたら声をかけたい」等の感想が聞かれました。

ページの一番上に戻る

平成28年度傾聴ボランティアぜみな~る閉講(2016.11.16)

4月から全8回開催した「傾聴ボランティア養成講座」が11月13日閉講しました。

受講者の方々は、実践研修を通して人の思いや気持ちに耳を傾け、心の声を聴くことの大切さを学びました。

今後も、ボランティアの方々が継続して活動できるよう支援をしていきます。

ページの一番上に戻る

慰問コンサートを開催しました。(2016.11.4)

10月27日(木)、河東デイサービスセンターとゲストハウスけいざんで、シンガーソングライター松尾貴臣さん(千葉県在住)による慰問コンサートが行われました。

2007年から全国各地の福祉施設でライブ活動をされており、今回は東北ツアーで会津を訪れ、施設の利用者さんは一緒に歌ったり手拍子をして楽しみました。

河東デイサービスセンターにて

ゲストハウスけいざんにて

ページの一番上に戻る

メンタルフレンド養成講座(3回目)を開催しました。(2016.11.1)

10月30日(日)、今年度3回目(最終回)となるメンタルフレンド養成講座が行われ、15名が受講しました。

演習も交えながら、互いの価値観が違った場合の対処法や連携の大切さについて学んだことを活かして、今後活動の場を少しずつ広げていきます。

ページの一番上に戻る

大戸小学校で「高齢者擬似体験」を行いました(2016.9.27)

9月26日(月)、大戸小学校において「5・6年生の福祉体験教室・高齢者疑似体験」が行われ、バンドやおもりを着けて実際に疑似体験しました。

子どもたちから、「歩きにくいな」、「お年寄りの身体は重くなるんだな」、「おじいちゃん、おばあちゃんにやさしくしたいな」といった声が聞かれました。

ページの一番上に戻る

城北小学校で福祉体験教室「点字・手話」を行いました(2016.9.21)

9月16日(金)、城北小学校において「4年生の福祉体験教室手話・点字」が行われました。

福島県聴覚障害者協会、並びに点字サークルひよこ会員の方を講師に実際に体験しました。

簡単なあいさつや自分の名前の手話を教えてもらったり、点字の歴史や、6個の点を使い文字が成り立つことを学んだりしました。

ページの一番上に戻る

城西小学校で福祉体験教室・障がい者の方との交流を行いました(2016.9.16)

9月13日、15日の二日間、城西小学校において「4年生の福祉体験教室」と「障がいを持った方との交流」が行われました。

本会職員及び「障がい者の明日を考える会」会員の方より、バリアフリーについての話や車いす、白杖の使い方の説明を聞いて実際に体験しました。

「アイマスクをつけたら真っ暗で怖かった」、「困っている人を見たら助けてあげたい」等の感想が聞かれました。

また、視覚障がい・車いすの方への質問等では「お金の区別方法」や「困っていること」を聞いたり、どのように自動車を運転するかを真剣に見ていました。

ページの一番上に戻る

一箕小学校で福祉体験教室を行いました(2016.9.12)

9月7日、8日の二日間、一箕小学校において「5年生の福祉体験教室」が行われました。

車イス、白杖の使い方の説明を聞いて、友達と協力しながら実際に体験してみると、「思ったよりも自分で車イスを動かすことは難しかった」、「視覚障がいを持った方は怖い思いをして歩いているんだな」、「進んで声をかけたい」などの感想がありました。

ページの一番上に戻る

「メンタルフレンド養成講座」の第2回目を開催しました。(2016.9.6)

8月27日(土)、今年度第2回目となる「メンタルフレンド養成講座」に18名の方が参加し、ロールプレイなどを織り交ぜながら、個別支援におけるスキルを具体的に学びました。

また、カムカムクラブ(仮称)を立ち上げ、受講された方が段階を踏んで障がい児・者の支援に加わっていくこととなりました。

次回(第3回目)で今年度のメンタルフレンド養成講座は最後となりますが、今後受講者同士が交流を深めつつ、イベントや個別支援の場でご活躍頂くことになります。

<第3回目の日程・場所>

平成28年10月30日(日)14:00~16:00 

会津若松市老人福祉センター・希らら 中ホール

ページの一番上に戻る

カムカムボランティアポイント引換の時期です!(2016.9.2)

平成27年9月1日より実施してきました「カムカムボランティアポイント」モデル事業は、平成28年8月31日で終了しました。

平成28年9月1日(木)~9月30日(金)の期間、ポイントを交換します。参加者の皆さんは、ポイント引換申込書(別紙)に必要事項をご記入の上、ポイントカードを添えてご提出ください。また、アンケートにご回答いただきますと1ポイント付与させていただきます。

今後、「カムカムボランティアポイント」は本格的始動に向け、これから内容を整理していきますので、引き続きボランティア活動にご協力くださいますようお願い致します。

ポイント交換のお申込み・お問合せはカムカムボランティアセンター(0242-33-5622)まで。

※ポイント引換申込書及びアンケートはこちらから

ページの一番上に戻る

傾聴ボランティア養成講座修了証書授与式が行われました。(2016.8.26)

8月21日(日)、老人福祉センターにおいて、傾聴ボランティアの養成講座「傾聴ボランティアぜみな~る」の修了式が行われ、31名一人ひとりに武藤会長より修了証書が授与されました。

今後、高齢者施設や障がい者施設などで傾聴の実践研修を行っていきます。

ページの一番上に戻る

「2016夏体験!サマーショートボランティア」事前研修会を開催しました。(2016.7.26)

夏休み期間を利用して高校生にボランティアを体験してもらうため、福祉施設の協力により毎年「サマーショートボランティア」を開催しています。

今年は90名の参加申し込みがあり、7月20日(水)文化センターにおいて、ボランティア活動の注意事項や、高齢者・障がい者・児童施設の3つに分かれて事前研修を行いました。

ページの一番上に戻る

福祉体験教室・障がい者の方たちとの交流を行いました。(2016.6.3)

5月27日(金)と30日(月)に、東山小学校において「5年生の福祉体験教室」と「障がいを持った方たちとの交流」が行われました。

本会職員のバリアフリーについての話や、車いす、白杖の使い方の説明を聞いて実際に体験しました。

車いす操作は友達と協力しながら押したり、白杖体験ではアイマスクをつけ階段の昇り降りをしました。

また、「障がい者の明日を考える会」の皆さんからは、視覚障がい・車いす生活の様子を真剣に聞いて、障がいを持っていてもスポーツを楽しんだり自動車を運転していることに強い関心を持った様子でした。

ページの一番上に戻る

福祉体験教室を行いました(2016.5.26)

5月24日(火)・25日(水)午前9時~10時30分、一箕小学校において「5年生の福祉体験教室」が実施されました。

本会福祉サービス事業課職員による高齢者・障がい者をサポートするホームヘルプサービスについての役割や福祉についての講話と、高齢者疑似体験を行いました。

児童たちからは、「ヘルパーさんの仕事、役割についてよく知ることができました。」「お年寄りの身体の重さを実感し、自分もいつかお年寄りになっていくので優しくしたいと思います。」と感想を聞くことができました。

ページの一番上に戻る

第1回ボランティアまつりが開催されました(2016.5.26)

5月14日(土)、会津大学短期大学部で『第1回 ボランティアまつり』が開催されました。晴天にも恵まれ、子どもから高齢者まで200名を超える多くの方々にご来場いただきました。

ボランティアまつりでは、ボランティア団体の活動紹介、点字や車イスの体験コーナーなどを設け、また、バザーや模擬店も出店し、来場された方々とボランティアへの理解を深めていただき、賑やかなふれあいの1日を過ごしました。

なお、会場内に募金箱を設置し、模擬店の売り上げと合わせて、南相馬市社会福祉協議会・熊本県に寄附しますことをご報告いたします。ご協力ありがとうございました。

ページの一番上に戻る

傾聴ボランティアぜみな~る開講!(2016.4.18)

4月17日(日)、鶴城コミュニティセンターにおいて、開講式並びに第一回目の養成講座が行われました。

開講式に先立ち、参加者全員で4月14日に発生した熊本地震にて犠牲になられた方々に謹んで哀悼を表し、黙祷を捧げました。

講義では受講者37名が、講師のお話を真剣に聞き、ロールプレイの中で実際に模擬体験をしながら、傾聴で大切なことを学びました。11月までに月1回のペースで講座が開かれます。

ページの一番上に戻る

災害支援ボランティア講座を開催しました。(2016.3.16)

3月6日(日)災害支援ボランティア講座を開催し、東日本大震災から5年の月日が経過した今、この講座を通して振り返り、何が出来るのかを考える良い機会となりました。

会津若松市生涯学習出前講座「災害から身を守る」という観点から、会津若松市役所危機管理課の木下克俊氏にご講話をいただき、決して忘れてはならない災害、自分を守り家族や地域を守っていくことの大切さを改めて確認できました。

さらに、新聞紙を使ってスリッパ、ゴミ袋でカッパなど、身近なもので災害時に役立つグッズ作りも行い、受講者の方も熱心に取り組んでいました。

ページの一番上に戻る

交流事業「みんなであそびましょ!!」で遊びましょ!(2016.3.4)

2月20日(土)、会津通園訓練センターたんぽぽ園とパオパオ交流スペースを会場に、本年度3回目となる障がい児・者との交流事業を開催しました。

今回のテーマは『みんなであそびましょ!!』

障がい者スポーツ指導者協議会指導員の方々やボランティアの皆さん、子どもたち、総勢44名、風船バレーやエアトランポリンなど、初めての遊具・体験にみんな大歓声をあげ、汗をかきかき楽しく遊びました。

お友だちになれたかな?「また、みんなで遊びましょ!!」

ページの一番上に戻る

地域サポーター養成講座を開催しました!(2016.2.16)

2月12日(金)に地域サポーター養成講座を開催しました。

「聞こえない・・ってどんなこと?」「手話で話してみよう!」を目的として開催し、福島県聴覚障害者協会の会員4名様による講義と実技が行われました。

聴覚障がいのこと、その暮らしについて話を聞き、手話を使って自己紹介ができるまで学びました。

今回の講座で聴覚障がいをもった方への理解を深め、交流を図るための「手話」を学んだことで、今後、いろいろな場面で実践していただけるものと思います。

ページの一番上に戻る

メンタルフレンド基礎講座を開催しました(2016.1.7)

平成27年12月20日(日)・12月27日(日)の両日、文化センターにおいて「メンタルフレンド基礎講座」を開催しました。
   会津若松市障がい者総合相談窓口管理者齋藤研一さんを講師に「メンタルフレンド」とはどういう役割を持つ人なのか、ひきこもりの子どもたちへどう関わればよいかについて基礎的講習を受けました。
   受講者の方たちからは、具体的な事例を交えての丁寧なお話しを聞いてメンタルフレンドの必要性を知ることができ、実践につながるように学んでいきたいという声が多く聞かれました。

ページの一番上に戻る

『傾聴ボランティアぜみな~る』閉講!(2015.12.10)

今年4月に開講した「傾聴ボランティアぜみな~る」は、11月に全課程を終了しました。このぜみな~るは、桜の聖母短期大学とあいづ小さな風の会および本会との共催で、ボランティアの育成と、傾聴ボランティア活動を通して地域とのつながりを深めることを目的に行ったものです。

受講者の方々は、人の思いや気持ちに耳を傾け心の声を聴くことの大切さを学び、実践研修を経て、28名の方が修了されました。

現在は、地域や施設等において「誰かに聴いてもらいたい」という方々のために寄り添って活動し始めています。

本会では、ボランティアの方々が今後も継続して活動できるよう支援をして参ります。

開講式

講師の岡安詔子先生の熱意のこもった講義

耳を傾けてじっくりと聴いています

ひとつひとつていねいに教えて頂きました

実践後の発表
みんなで振り返り今後に生かすために…

養成講座終了!!
さて、これからが本番、実践です^_^

ページの一番上に戻る

~車いすの子どもたちを鶴ヶ城の天守閣へ~(2015.12.03)

   11月28日(土)午前9時30分から、車いすを利用しているお子さんたちが、ボランティアの方々と一緒に会津若松城「鶴ヶ城」の天守閣へ登るイベントを開催しました。
   参加した4名のお子さんは、気温の低さもなんのその、「お城大好き!」「お城に登ってみたい」という思いのもと、ボランティアの皆さんといっしょに天守閣てっぺんまで登りました。
   「空飛ぶじゅうたんみたいだね!」「ぼくは巨人になったみたいだ!」というお子さんたちの感想に、色々な役割(車いすを持ち上げる役、話しかける役、見守り役、運営スタッフ)を担った方々、参加者一同、笑顔になりました。
   参加者の皆さん、本当にありがとうございました。

ページの一番上に戻る

「第24回全国ボランティアフェスティバル」終了しました(2015.12.02)

   11月21日(土)22日(日)、全国ボランティアフェスティバルが開催され、多くの参加者が集まりました。
   郡山市(ビックパレットふくしま)を主会場として、全体会と分科会が行われ、会津若松市からも、全体会そして分科会へ2日間に渡り延べ50名の方々が参加されました。
   また、会津若松市フィールドワークとして、日本各地から14名の方が会津若松市にお越しになり、会津若松市の観光「おもてなし」について体感されていました。
   参加者の皆さん、また会津にこらんしょ。

ページの一番上に戻る

「ふれあいスポーツ体験!」を開催しました(2015.11.05)

   10月31日(土)午後1時より、一箕町ふれあい体育館で「ふれあいスポーツ体験!」を開催しました。
   福島県障がい者スポーツ指導者協議会会津支部の協力のもと、3歳から81歳と幅ひろい年齢層の参加者の皆さんが、フライングディスク・ボッチャ・車いすスラローム・卓球バレーを体験しました。
   障がいのあるなしに関係なく、参加者の皆さんはキラキラ汗をかきながら、いろいろな方とふれあいながら楽しんでいました。

   社協では、障がい者理解とボランティア活動への参加促進のため、こうした事業を開催しています。

☆お問い合わせ
   カムカムボランティアセンター   TEL:0242-33-5622

ページの一番上に戻る

『ボランティア交流会』を開催しました(2015.10.29)

   10月23日(金)に「地域支援ネットワークボランティア」および「会津若松市ボランティア連絡協議会」とで初の交流会を開催しました。
   それぞれの活動紹介から始まり、ボランティア活動を通しての喜びや悩み、今後の展望など、ともに地域の中で活動している者同志、思いを伝えあう良い機会となりました。
   改めて、ボランティア活動に対する熱意が伝わってきました。

ページの一番上に戻る

PAGETOP
Copyright © 会津若松市社会福祉協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.